おすすめのイソフラボンサプリをチェック|女性に人気の健康食品

サプリメント

腸内環境を整えるメリット

ウエスト

腸内環境を整えるメリット

得られる健康効果がとても大きいと注目されているのが、乳酸菌の摂取です。乳酸菌はビフィズス菌・ラクトフェリンと並び、腸内で善玉菌として働く作用があることで知られています。乳酸菌を摂取すると、腸内で善玉菌が優勢となります。善玉菌が優勢となることで、悪玉菌の数が減ると同時に、腸内の7割を占める日和見菌を味方につけることが出来ます。そうして爆発的に善玉菌が増えることで、腸内細菌叢である腸内フローラが良好な状態を維持できるのです。そうすることで、腸内のぜん動運動が刺激されると、便秘の解消になります。また腸内でセロトニン合成が進むほか、免疫細胞も活性化するのです。

セロトニンと免疫細胞

セロトニンは、人の精神安定を司る神経伝達物質ですが、その9割が腸、残りが血小板と脳の中枢神経で作られています。腸内環境が不安定となると、精神的なバランスを崩すことが多くなり、慢性化することで鬱病や統合失調症、あるいは自律神経失調症といった症状に見舞われるケースがあります。またセロトニンは疲労との関係も深く、腸内環境が悪化してセロトニン分泌が減ることで、慢性疲労症候群を引き起こす可能性も高まります。セロトニン分泌が減ると、交感神経が優位になるため常にストレス状態にさらされることになるほか、睡眠障害などを引き起こすからです。また免疫細胞も7割が腸で作られており、腸内環境が悪化することで、免疫力が低下し病気になりやすいカラダとなります。このように腸は人の健康状態を維持する上でかかせない器官なのですが、それを整える働きをするのは乳酸菌なのです。乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品や、納豆やキムチなどの発酵食品に多く含まれます。また摂取効率を考えるのであれば、サプリメントから集中的に摂取するのがおススメです。